2011年10月12日

バックパック

バックパックで有名なカリマーというブランドは1946年、チャールズ&メアリーのパーソン夫婦によって誕生したブランドです。

元々はサイクルバックとして出来たのですが、その機能性や耐久性の良さから、サイクリング用だけでなく

登山家の間でも人気のバッグとなりました。

多くの登山家の意見を取り入れて1957年にリュックサックの分野が出来上がり今の形の進化して行きました。

グレゴリーと言うバッグも有名なアウトドアバッグです。

グレゴリーバッグの発祥は1977年、ウエイン・グレゴリー氏によりアメリカで産まれました。

グレゴリー氏は幼少期の頃、ボーイスカウトに所属しており10代の頃、

自分でトートバッグを製作したことをきっかけに

バッグ作りに没頭するようになりました。

バッグバックの製造工程を学ぶ為に自らバッグ製造工場に通い今のバッグの形を作り上げたと言われています。

グレゴリーはバッグを背負うのではなく、着るパックとしている程そのデザイン性を重視して製造していると言われています。

私はミレーというバッグパックを愛用しています。

ミレーは1921年クロスカンパニーを営んでいたマーク・ミレーは軍事用のハバーバックからハイキング用のバッグ、

手提げバッグなど幅広く手掛けていた職人により産まれました。

1934年にフレーム付きのバックパックが誕生。

その後両親から兄弟に会社が引き継がれます。

ミレーは1950年にフランス登山隊に所属し初めてヒマラヤ山脈の中央、8,091mの登頂成功に導いた人とされています。

ミレー購入時に迷ったグラナイトギアというアウトドアブランドもあります。

グラナイトギアは、1986年ミネソタ州、ジェフ・ナイトとダン・クルークシャンクによって創設された20年以上も歴史があるメーカーです。

グラナイトギアは、斬新のデザインでこれからアウトドアを始めようと言う人、またアウトドアにはまっている人にも

エンジョイしながら長い期間愛用してもらえるようなデザインと機能性になってきます。

バックパックについて

TIMBUK2 D-Lux

バックパックの安定感には敵わないが、ファッション的には街乗り系自転車に一番。

【引用】http://blogs.yahoo.co.jp/teru_dreamer/43441334.html

バックパックを背負いましょ( ´∀`)

2011.10.11こんにちは、いやこんばんは神戸店のミヤタケです夜は冷えますね〜。

【引用】http://blog.livedoor.jp/hs_kobe/archives/1561745.html

【クライミング同好会】ドキッ!リア充だらけのBBQ合宿

# 全体的に写真がボケているのはレンズに指紋が付着していた為です。本当にry## 合宿記事なのにじてんしゃネタが大部分を占めていますが仕様です。海老名駅まで輪行。チ

【引用】http://bicycletravel.blog49.fc2.com/blog-entry-324.html

富士山の写真に込められた日本の心と情熱

メンバーの中には65?80歳という年齢の方も多く、マニュアルカメラ機材の入った重いバックパックを背負いながら山を登り、パーフェクトショットの瞬間まで何時間も待ち続けての撮影は体力的にも精神的にも厳しさ...

【引用】http://www.aloha-street.com/whatshot/2011/10/1021.html

posted by ブランドマニア at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。